会長挨拶

      

          新たな、大きな一歩 ~ 一般社団法人として ~

 

この度、茨城県老人福祉施設協議会(以下「茨城県老施協」)は、一般社団法人として、新たな、大きな一歩を踏み出すことといたしました。

昭和31年3月に茨城県社会福祉協議会内に置かれた厚生部会をその前身とし、以来60有余年にわたり、職員の資質の向上を図るための各種研修会・研究会の開催や、施設の基盤強化及び適切な運営に関する調査・研究等を実施し、県内の高齢者福祉の増進と地域福祉の向上に積極的に取り組んで参りました。

昭和から平成にかけての急激な高齢化に伴い、大きく変化する社会情勢の中において、施設・事業所の設置母体も、地方公共団体・社会福祉法人のみならず、多くの民間企業が参入するようになり、それらを含めた会員数も、現在では1,100箇所を超える組織に発展してまいりました。

「人生100年時代」と言われる昨今、団塊の世代がすべて後期高齢者となる2025年、さらにはもっと先の未来に向けて、高齢になっても住み慣れた地域の中で、誰もが安心して生き生きと暮らすことができるような「地域共生社会」を実現し、広く国民の負託に応えていくためには、会員施設・事業所が、その所在する地域において、多様化する福祉ニーズに対応し、高品質な介護サービスを安定的に提供していくことが求められております。

こうした状況から、これまで任意団体であった茨城県老施協は、一般社団法人となり、組織基盤やガバナンスの強化、責任と義務を明確にした組織体制の構築によって、介護人材の確保・育成をはじめ、医療との連携、ICTやIoT、AIなど介護ロボットの活用における生産性の向上、介護の魅力発信や地域貢献活動など、多くの課題に対し積極的かつ柔軟で迅速に取り組んでまいります。

私たち老施協(JS)が『信頼』のブランドとして地域社会の高齢者介護・福祉の向上に広く貢献できるよう、会員一丸となって尽力して参る所存ですので、今後ともご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

             平成30年4月

                                                                                                                                                                                                                          茨城県老人福祉施設協議会

                                                                                                                                                                                                                                          会長 木村 哲之