【厚労省情報】賃金引上げ等の業務改善助成金制度について

「業務改善助成金」は、生産性を向上させ、「事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)」の引上げを図る中小企業・小規模事業者を支援する助成金です。
事業場内最低賃金を一定額以上引き上げ、設備投資(機械設備、コンサルティング導入や人材育成・教育訓練)
などを行った場合に、その費用の一部を助成します。サービス業における中小企業者は常時使用する従業員の数が100人以下であること、小規模事業者は5人以下であることが要件となります。

申請の際は、交付申請書・事業実施計画などを最寄りの都道府県労働局に提出頂き、申請期限は令和3年1月29日です。詳細については、以下の資料をご参照ください。

 

業務改善助成金のご案内(PDF)

業務改善助成金業種別事例集(医療・福祉編)【詳細版】(PDF)