介護の魅力、再確認 いばらき介護職員合同入職式

介護の仕事は、人を支え社会を支えるきわめて重要な仕事であり、介護職員は重要な社会資源であるとの認識のもと、県内の特別養護老人ホーム等に新たに就職する方々が一堂に会する「いばらき介護職員合同入職式」を平成30年6月1日(金)に茨城県庁講堂にて開催いたしました。 (今年で5回目)

 

【開会式】

 

主催者挨拶

一般社団法人茨城県老人福祉施設協議会 木村 哲之 会長

われわれの仕事は地域の方たちの幸せを実現する仕事。大変なこともあると思うが、魅力ある仕事なのでがんばって欲しい。

【来賓の皆様】

茨城県知事 大井川和彦氏

茨城県保健福祉部 福祉担当部長 関 清一 氏

茨城県茨城県社会福祉協議会 副会長 森戸 久雄 氏

【茨城県老施協 役員】

木村会長、菊池副会長、小岩井副会長、佐野副会長、木村委員長、櫻井委員長、田村委員長、山田委員長、圷委員長、額賀委員長、林委員長、新海委員長

【茨城県知事のご挨拶】

来賓挨拶

茨城県知事 大井川 和彦 氏

高齢社会が進む中で介護職員は非常に大事な人材。やりがいと希望に満ちたキャリアになるよう県も応援する。

 

 

 

 

【会場の様子】

参加者 225名(内役員等19名)

熱心に話を聴く会場の参加者

 

 

【講演】

『介護の未来は面白い!』

介護ラボしゅう代表 中浜 崇之 氏

 

 

【アンケートから】

中浜さんの講演がとても良かった。

中浜さんの話を聞いて、新たに利用者様への接し方を学べた。介護の固定概念が180度変わりました。

いろいろな話を聞けたので、良い機会になった。

 

【ビデオメッセージ】

茨城県出身『カミナリ』お笑いコンビからの励ましのメッセージ(ビデオレター)

 

【アンケートから】

 お笑い芸人カミナリからのビデオメッセージ等楽しかったです。

 

 

【懇談会】

小野寺副知事も参加していただき、ご挨拶をいただきました。

 

 

 

 

 

 

【懇談会】

県社協森戸副会長も参加をしていただき、ご挨拶と乾杯のご発声をいただきました。

 

 

 

 

 

【懇談会】

【アンケートから】

・他の施設の方と交流することができて、貴重な時間を過ごすことができました。

・料理がとてもおいしかったです。

・楽しいひとときを過ごしました。

・ギターユニット良かったです。

参加者158名

 

 

 

 

 

みなさん新3Kは

感動・感激・感謝です。

介護の仕事は、チャレンジする価値がある仕事。まずは日々楽しんで仕事をしてください。

これからも、若い方達の笑顔で働く素顔を応援しましょう。

入職された皆さま、おめでとうございます。